gihodo shuppan
HOME 新刊案内 ジャンル別書籍 購入案内 会社案内 お問い合せ
新刊ご案内  
書籍ジャンル別検索
読み物
生物・栄養関係
化学・化学工業
環境
土木
建築
機械・電気
情報・経営工学
その他(趣味・実用など)
アイコンの説明
現在のカートの中身を見る
 
新刊
卵より先のニワトリばなし

福井栄一著
B6・92頁
定価 : 1728円
発行年月日: 2016年12月
ISBN :
978-4-7655-4250-0
詳細
内容紹介
ニワトリと日本人との関係は、唐揚げと目玉焼きに尽きるものではありません。恋人たちの逢瀬の場で、天下分け目の戦のさなかに、あるいは、新しい素敵な一日の始まりにあたって、ニワトリは、忘れがたい点景となっています。よりどりみどりのニワトリばなしを、存分にお楽しみ下さい。(本書 はじめにより)
残余空間に発見する建築
〜 2016年度日本建築学会設計競技優秀作品集 〜

日本建築学会編
A4・114頁
定価 : 2700円
発行年月日: 2016年11月
ISBN :
978-4-7655-2593-0
詳細
内容紹介
1952年から開催されてきた「日本建築学会設計競技」の2016年度の課題は「残余空間に発見する建築」。私たちの周辺環境にあたりまえのように存在しながらも意識から外れる「残余空間」を取り上げ,それに意味を与えることを「発見する建築」であるとした。その狙いは,ゲシュタルトとして存在する空間を意識することで,20世紀につくられた近代建築という概念が取りこぼしてきた事象を拾い上げることにある。またそれは,現代または直近する未来のなかで,私たちの社会で要求されるであろう新しい「建築」という概念の発見でもある。応募総数305作品の中から審査を経て入選した70の優秀作品を,講評とともに掲載。建築家を目指す若い設計者,学生の皆さんは,どうか参考にしていただきたい。
にっぽん 家電のはじまり

大西正幸著
B6・172頁
定価 : 2160円
発行年月日: 2016年11月
ISBN :
978-4-7655-4481-8
詳細
内容紹介
約120年前、市民の「あこがれの家電生活」は、白熱電球からはじまった。その後、扇風機、電熱器、アイロンなどが欧米から輸入され、大正末期から昭和初期になると、電気冷蔵器、電気洗濯機、電気掃除機といった大物商品も売り出された。しかし、当時の家電製品は相対的に価格が高く、市民が気軽に買えるものではなかった。それから時を経て現在、無数の家電製品に囲まれた生活から考えると、かつてこのような時代があったことなど到底考えられないが、歴史的には家電のない時代のほうがうんと長い。本書では、こうした家電製品が発明され普及していく黎明期を探った。具体的には大正、昭和初期(戦前)の利用実態を中心にまとめ、戦後の流れを簡単に辿っている。
水辺のすこやかさ指標 “みずしるべ”
〜 身近な水環境を育むために 〜

古米弘明編著ほか
A5・130頁
定価 : 2160円
発行年月日: 2016年10月
ISBN :
978-4-7655-3470-3
詳細
内容紹介
「水辺のすこやかさ指標 “みずしるべ”」は、川の自然なすがた、生き物、水のきれいさ、快適さ、普段の生活での利用などの視点から、川を取り巻く環境を調べる際に活用できる指標です。この指標を活用することで、多様な視点から川などの水環境を見ることを学ぶことができます。学校での総合学習や住民・NPO等の環境学習において、地域に根ざした環境学習を行う際のツールとして使用していただきますようお願いいたします。(環境省ホームページより抜粋)  “みずしるべ”は、現在、全国の住民・NPO等による水辺活動や学校の総合学習の授業の中などで、その活用が普及しつつあります。この指標は、水環境を5つの視座から見た全20指標で構成されています。各指標による結果をレーダーチャートで表現することにより、水環境を総合的に判断しようとする指標です。この指標は、住民を水辺に導いてくれる標でもあり、本書の刊行が、身近な水環境を知り、水環境を育むことにつながることを願っています。
科学技術独和英大辞典

町村直義編
A5・336頁
定価 : 4104円
発行年月日: 2016年9月
ISBN :
978-4-7655-3018-7
詳細
内容紹介
本書は,科学技術の分野でよく使われているドイツ語について,有用な単語・表現(一部略語も含む)をまとめたものである。本書で挙げる単語・表現は,著者が実際に遭遇し,使用した単語・表現であり,実務に大いに活用できる。
高山の大気環境と渓流水質
〜 屋久島と高山・離島 〜

永淵修・海老瀬潜一著
B5・206頁
定価 : 3780円
発行年月日: 2016年9月
ISBN :
978-4-7655-3469-7
詳細
内容紹介
日本の大河の第一歩は高山に始まる。そこは,山岳大気と流域の高山との接点であり,河川源流域の渓流水質の定まる場である。高山には,地域特有の上昇気流や高層大気の気団移動に左右される湿性および乾性沈着物が負荷される。したがって,高山源流域は渓流水質形成の場であり,降水から陸水への水質変換の場として重要なフィールドとなる。本書は,屋久島を主対象にして,沈着物負荷や渓流水質分布の特性を見極めるにとどまらず,全国の高山や離島を選んで比較した貴重なフィールド調査研究のおよそ数十年間の成果をまとめたものである。
活断層が分かる本

地盤工学会・日本応用地質学会・日本地震工学会編
B6・184頁
定価 : 1512円
発行年月日: 2016年9月
ISBN :
978-4-7655-1839-0
詳細
内容紹介
活断層とは、地震を引き起こす地中深くの断層が地表にまで線状に顔を出した、地球表面の傷で、地震発生とは切り離せない密接な関係がある。本書は、この活断層について、基本的な理解を深め、社会の安心・安全との関わりについて考えるために、一般の方にもわかりやすくまとめたものである。第1〜5章で、活断層のハザード・リスクの両面について、背景・基礎知識・問題点などを丁寧に解説し、最終の第6章で、議論が先鋭化しがちな原子力発電所に関わる活断層問題に焦点を絞り、専門家へのインタビューをまとめた。また、各章のつなぎには、肩ほぐしを兼ねて、断層にまつわる一口話をコラムとして掲載した。
コンクリート構造物のサステイナビリティ設計
〜 地球環境と人間社会の不確実性への挑戦 〜

堺孝司・横田弘著
A5・200頁
定価 : 3456円
発行年月日: 2016年8月
ISBN :
978-4-7655-1840-6
詳細
内容紹介
地球環境と人間社会の不確実性への挑戦として,インフラ・建築物の新しい指針として「サステイナビリティ設計」を提案する書。真に持続可能な社会を構築するためには,構造物の安全性を含む社会的側面に加えて,経済的側面および環境的側面をも総合的に扱う設計体系が必要とされる。本書は,コンクリート構造物を対象に,そうしたニーズに対する一つの重要な解を与える。「サステイナビリティ設計」は,建設産業に革新的技術をもたらし,地球環境負荷低減に著しく貢献することとなる。
水害から治水を考える
〜 教訓から得られた水害減災論 〜

末次忠司著
A5・164頁
定価 : 2700円
発行年月日: 2016年8月
ISBN :
978-4-7655-1838-3
詳細
内容紹介
ここ30 年間で河川・洪水論の書籍は数多く出されているが,水害・防災論の書籍は少ない。過去の水害被害の状況や水害への対応を振り返ってみることは,今後の治水を考えるうえで重要なことである。本書では,水害に関わる現象や事例を客観的・系統的に比較・分析するとともに,その結果に鑑みて,減災のための効果的なハード対策,臨機応変のソフト対策について考察し,減災のためのノウハウをまとめた。
コンクリート技士試験問題と解説 平成28年版
〜 付・「試験概要」と「傾向と対策」 〜

大即信明・桝田佳寛編集
A5・400頁
定価 : 3024円
発行年月日: 2016年7月
ISBN :
978-4-7655-1835-2
詳細
内容紹介
【毎年7月発行】  日本コンクリート工学会制定の「コンクリート技士」受験者のための問題集。最近10年間の問題と解答を網羅,うち,最近5年間の全問題を分野別に分類して掲載し,周到にして簡潔な解説と解答を付す。最高にして適任の編集・執筆陣を得て,出題傾向の分析,受験対策の解説も完璧。
コンクリート主任技士試験問題と解説 平成28年版
〜 付・「試験概要」と「傾向と対策」 〜

大即信明・桝田佳寛編集
A5・350頁
定価 : 3240円
発行年月日: 2016年7月
ISBN :
978-4-7655-1836-9
詳細
内容紹介
【毎年7月発行】  日本コンクリート工学会制定の「コンクリート主任技士」受験者のための問題集。最近10年間の問題と解答を網羅,うち,最近5年間の全問題を分野別に分類して掲載し,周到にして簡潔な解説と解答を付す。最高にして適任の編集・執筆陣を得て,出題傾向の分析,小論文対策も完璧。
キチン・キトサンの最新科学技術
〜 機能性ファイバーと先端医療材料 〜

日本キチン・キトサン学会編
A5・288頁
定価 : 3672円
発行年月日: 2016年7月
ISBN :
978-4-7655-0399-0
詳細
内容紹介
本書は,キチン,キトサンの最先端の科学技術を、機能性ファイバーと先端医療材料に特化して解説した。第1編「ファイバーイノベーション」では,キチン,キトサンを素材とする繊維とナノファイバーの製造,構造,開発について最新の知見を解説した。第2編「メディカルイノベーション」では,生化学,医薬学の視点から最新の研究成果を解説した。第一線の研究者により執筆された本書は,世界をリードする日本のキチン,キトサン研究の頂点に君臨するものであると自負している。
見る・使う・学ぶ 新世代の環境建築システム

日本建築学会編
B5・190頁
定価 : 3672円
発行年月日: 2016年6月
ISBN :
978-4-7655-2592-3
詳細
内容紹介
最先端の設備的要素技術に着目し,各要素技術について,「見る」,「使う」,「学ぶ」の3部構成により「見えにくい」設備技術を紹介・解説する書。「見る」では,各要素技術の概念,歴史・動向,要素技術の導入に適した建物等を紹介。「使う」では,設計法,制御方法,効果検証例等を設計フロー,設計チャート等により実用的な使うための資料として提供。「学ぶ」では,各要素技術の理論,数値計算法,最新研究動向等について解説し,新たな研究開発の契機とすることを目指している。特定の要素技術について,異なる関係者が問題意識を共有するためのツールとして,設備設計者のハンドブック的な存在として,若手研究者が自ら解析を行うためのガイドとして,来たるべき近未来の環境建築の実現の助けとなる。
みず・ひと・まち
〜 親水まちづくり 〜

畔柳昭雄・上山肇著
B6・192頁
定価 : 1944円
発行年月日: 2016年6月
ISBN :
978-4-7655-1837-6
詳細
内容紹介
水環境における「親水」に焦点を当てることで,親水イコール水辺の施設づくりから脱却し,水環境が本来備えていた親水性を再認識し,人間と水環境との関係性を捉え直そうと考えた書。都市内や都市近郊の河川,水路などを対象としたフィールドワークを通じて,そこに見出された水辺と人々の係わり方や水辺と生き物との係わり方など,水辺の存在が果たす物理的な効果,心理的な効果,社会的な効果などを具体的にとらえ解説してゆく。「親水」機能をもつ水辺のまちづくりに関心をもっている一般・学生の方をはじめ、行政や実務に携わる方々に一読いただきたい一冊。
乾燥地の水をめぐる知識とノウハウ
〜 食料・農業・環境を守る水利用・水管理学 〜

北村義信著
A5・256頁
定価 : 3456円
発行年月日: 2016年4月
ISBN :
978-4-7655-3468-0
詳細
内容紹介
本書では,乾燥地の現況を説明し,乾燥地における水利用・管理方法を紹介する。またいくつかの事例をあげつつ,乾燥地をめぐる課題を整理し,適切な灌漑方法を提案する。
都市の技術(改訂版)

首都大学東京大学院都市環境学域編
A5・278頁
定価 : 3240円
発行年月日: 2016年4月
ISBN :
978-4-7655-1832-1
詳細
内容紹介
快適,安全で,潤い,安らぎがあり,しかも地球環境への負荷も小さい都市を実現するためには,どのような問題が存在し,それに対し,いかなる技術,どんな選択肢があるのか.本書は,東日本大震災等の災害被害を踏まえ,都市の課題や都市づくりにかかわるさまざまな技術(ハード,ソフト)を,広く都市の問題に関心を寄せる一般の読者向きにわかりやすい言葉で紹介している.
空気のはなし
〜 科学の眼で見る日常の疑問 〜

稲場秀明著
A5・208頁
定価 : 2160円
発行年月日: 2016年4月
ISBN :
978-4-7655-4480-1
詳細
内容紹介
「風はなぜ吹く?」、「空はなぜ青い?」など日常の空気に関する現象をわかりやすく解説した書。ページの始めからでも、興味を持った話題からでも、お好きなところからお読み頂けます。
エネルギーのはなし
〜 科学の眼で見る日常の疑問 〜

稲場秀明著
A5・212頁
定価 : 2160円
発行年月日: 2016年4月
ISBN :
978-4-7655-4479-5
詳細
内容紹介
私たちが日常出会っているエネルギーに関する疑問や問題について、科学の眼で見ることを意図してまとめた書。ページの始めからでも、興味を持った話題からでも、お好きなところからお読み頂けます。
例題で学ぶ 構造工学の基礎と応用(第4版)

宮本裕著
A5・208頁
定価 : 3024円
発行年月日: 2016年4月
ISBN :
978-4-7655-1833-8
詳細
内容紹介
実際に問題を解くことによって学習する入門テキストの第4版.章の最初に示される公式を頭に入れ,基本問題と解答で具体的に解き方を学んだ後,応用問題で理解度を確かめる.本書の特色を列記すると次のようになる. @説明はくどいくらいにわかりやすくするように心がけた. A多くの著者の共同作業による利点として,種々の考え方による解法を示した. B最近の構造解析手法である剛性マトリックス法の理解をめざした. C鋼構造物とコンクリート構造物を対象とした. D入門程度であるが座屈や振動や最適設計まで多方面の分野を取り込んだ.したがって,若い技術者にとりこの本は大学・高専卒業後も役立つはずである.
新版 鉄筋コンクリート工学[第2版]
〜 性能照査型設計法へのアプローチ 〜

大塚浩司・小出英夫・武田三弘・阿波稔・子田康弘共著
A5・226頁
定価 : 2916円
発行年月日: 2016年4月
ISBN :
978-4-7655-1834-5
詳細
内容紹介
定評ある大学・高専向教科書の改訂版。2013年発行の新版を2012年制定の土木学会コンクリート標準示方書に対応するよう各種修正を行った。環境作用による構造物の性能低下が生じない鉄筋コンクリート部材の設計が学べること,すなわち「性能照査型設計法へのアプローチ」であることを特徴としている。設計の基礎となる鉄筋とコンクリートの力学的特性と相互作用や,鉄筋コンクリートの挙動について学べることなどの特徴は旧版から引き継いでおり,その内容も学生が学ぶべき必要最少限の事項にとどめ,それらをできるだけ平易に述べるという姿勢は変わっていない。
1級建築士試験 最短時間で最良の解決! 合格のための設計製図テクニックのすべて

木村武義著
B5・180頁
定価 : 3240円
発行年月日: 2016年4月
ISBN :
978-4-7655-2590-9
詳細
内容紹介
1級建築士設計製図試験の受験参考書。新試験制度に完全対応し,平成21年度以降の試験問題と標準解答例を網羅。エスキース法を用いた「試験向きの設計製図法」により,限られた時間の中で,計画と製図をこなすためのテクニックを学ぶことができる。様々な施設や設備の計画について学ぶことにより,おのずと「計画の要点等も記述」もできるようにした。
室内環境における微生物対策

室内環境学会微生物分科会編
B5・170頁
定価 : 3456円
発行年月日: 2016年3月
ISBN :
978-4-7655-2591-6
詳細
内容紹介
カビやウイルスなどの人間生活と関わりの深い微生物について,微生物の生態,検出・測定法,発育環境,人間に与える影響,建築施設ごとの微生物汚染の実態と対策等の情報をまとめ,やさしく解説した書。学生や若い技術者に知っておいて欲しい基礎知識を届ける。
鉄骨建築内外装構法図集[第三版]

日本鉄鋼連盟編
B5・394頁
定価 : 9720円
発行年月日: 2016年3月
ISBN :
978-4-7655-2585-5
詳細
内容紹介
本書は,鉄骨建築物の内外装構法の基本的考え方や設計の典型例を,主として建材別に図示しながら解説した。東日本大震災などの地震被害を踏まえ18年ぶりの大改訂。
衛星測位入門
〜 GNSS測位のしくみ 〜

西修二郎著
A5・128頁
定価 : 2592円
発行年月日: 2016年2月
ISBN :
978-4-7655-1831-4
詳細
内容紹介
GNSSとは、衛星を使って位置を決定するシステムであり、中でもアメリカのGPSが有名である。GPSは、携帯電話やカーナビなどに装備され、私たちの生活になくてはならないものとなっているが、ほとんどの人はその仕組みを知らずに使用していることだろう。本書は、GNSSで何故位置が求まるのか、求まる位置座標はどのようなものなのか、その仕組みや原理をGPSを中心に解説した入門書である。測量や精密測位に携わる技術者、学生にとっては、必要不可欠な知識が詰め込まれた、必読の書と言える。
第2版 コンクリート診断士受験のための計算問題攻略講座

木村克彦ほか著
A5・100頁
定価 : 1944円
発行年月日: 2016年2月
ISBN :
978-4-7655-1827-7
詳細
内容紹介
コンクリート診断士試験で比較的多く出題される「計算を伴う問題」の解き方に特化した受験参考書。調査・測定や劣化予測に関する問題については,どのように問題を解いていくのかを解答の手順を示した表に沿って表中に記入していくことで,わかりやすく説明している。また,補強に関連した問題に対しては,基礎知識として何を覚えておく必要があるか「計算のルールと公式」をまず示し,その適用の仕方をこれまでの問題を例に取り説明した。「コンクリート診断士受験対策講座」と併せることで,より理解が深まる。
再構築工学
〜 下水道管路施設編 〜

管路診断コンサルタント協会発行
B5・106頁
定価 : 2808円
発行年月日: 2016年1月
ISBN :
978-4-7655-1829-1
詳細
内容紹介
下水道施設をはじめとした公共インフラは、新規構築の時から社会資本を戦略的かつ効率的な管理・運営するための再構築の時を迎えている。技術的なメンテナンスとしての維持管理だけでなく、公共事業の経営の健全化を図るのが再構築である。下水道処理人口が総人口の77.6%(2015年3月末時点)に達している現在、国民の健康、公共用水域の水質保全の機能を担っている下水道事業の再構築は喫緊の課題である。管路の老朽化は、道路陥没、悪臭発生、浸水被害、耐震性能低下、維持管理費用の増大につながりかねない。国土交通省においては、「流域別下水道整備総合計画」の再構築検討会を設置し、検討しているところである。本書は、一般社団法人管路診断コンサルタント協会により編纂され,刊行された。
堰ゲートの水理解析・流体関連振動

巻幡敏秋著
A5・80頁
定価 : 2160円
発行年月日: 2016年1月
ISBN :
978-4-7655-1830-7
詳細
内容紹介
河口に設置される鋼製の可動堰に関連する水理および振動現象である流体関連振動について記述した書。水理解析として円弧面からの越流水脈、堰下流の角折れ河床流れ、流体関連振動として越流および潜り下端放流、さらに扉間漏水による可動堰の振動現象について可能な範囲で具体的な事例に基づいて詳述した。堰ゲート計画・設計、および保守・点検等に資することを期している。
Copyright