gihodo shuppan
HOME 新刊案内 ジャンル別書籍 購入案内 会社案内 お問い合せ
書籍詳細
 
授業評価に基づくティーチング技術アップ法
谷口守著
B6・118頁 / 1620円
発行年月日 : 2005年10月
ISBN : 978-4-7655-4121-3
 

内容紹介
近年盛んに実施されている学生による授業評価。しかし,大学で講義を行うほとんどの教師は,「教える技術」を学んだことがない。多額の費用をかけて行う授業評価の結果を利用し,学生に「わかる!」と言わせる講義にしてはどうだろう。本書は,その方法を紹介するものである。
 
目次
第一章 なぜ授業評価をおこなうのか?
■ それがあなたを変えるのです
■ ノウハウをオープンに
■ 本書のまとめ方

第二章 授業評価ポイントアップ方策 初級編 十か条
一 第一印象は大切
二 総合評価に最も影響するのは「熱意」
三 まず、相手がわかることから話す
四 最低限の準備から
五 終了時刻を守ること
六 「距離」を短く
七 説明責任(アカウンタビリティ)を果たす
八 「地図」を示す
九 同じ話をする、同じ話をしない、同じ話もする。
十 捨てることを考える

第三章 授業評価ポイントアップ方策 中級編 十か条
一 パワーポイントを使わない
二 最新の話題を常にもっておく
三 あなたがここにいる意味を伝える
四 よいことはほめる、悪いことはしかる
五 オフィスアワーを嗤う
六 個人仕様のレポートを添削する
七 質問は公開する
八 授業の前後に雑談する
九 熊のようにウロウロする
十 学生にも話をさせる

第四章 授業評価ポイントアップ方策 上級編 十か条
一 学生のスキを突く
二 回答に応じて話題を変える
三 「わかりません」は無しにする
四 学生の名前を覚える
五 学外者を引きずり込む
六 悪口と自慢話だけはしない
七 ささいな疑問、発見をバカにしない
八 米国の大学講義に出席してみる
九 昨年と同じ講義はしない
十 そして、あなたの個性を大切に

第五章 管理者編 十か条 (授業評価アンケート導入から教員個人評価へ)
一 どんな授業評価アンケートをつくるのか
二 その有効性を正しく理解する
三 人気投票と混同しない
四 一割の講義が九割の不満を生んでいる
五 専門外、大人数授業は難しい
六 変化値で評価してはならない
七 他人の評価結果と混ぜない
八 教官による授業評価は無意味
九 学生にまかせてよいこと、悪いこと
十 アンケートは必要最小限で

参考文献
付録
付録1 総合評価に影響を及ぼす要因のモデル分析
付録2 カリフォルニア州立大学バークレイ校における取り組み
Copyright