gihodo shuppan
HOME 新刊案内 ジャンル別書籍 購入案内 会社案内 お問い合せ
書籍詳細
 
先進国の環境ミッション
〜 日本とドイツの使命 〜
K.H.フォイヤヘアト・中野加都子共著
A5・240頁 / 3300円
発行年月日 : 2008年5月
ISBN : 978-4-7655-3430-7
 

内容紹介
国際経済の発展とともに、環境問題は生産国・消費国ともに対策すべき問題となり、環境問題が国際政治の舞台でとりあげられるようになった。それぞれの国や地域は慣れ親しんだ自然と民俗・文化を持ち、環境への対処方法も大いに異なる。本書は、負荷削減の背景にある現代社会生活(地形・文化・経済等)をつぶさに分析し、ローカルスタンダードな持続可能性のある対策を実行し、グローバルな指標への展開が図れるよう方策を考える。
 
目次
プロローグ−なぜメルケル首相は明確に目標を宣言できたのか

第1章 地球温暖化対策をリードするドイツ
 1-1 G8主要国首脳会議(ハイリゲンダム・サミット)でのドイツの目標
  1 メルケル首相が明確に目標を宣言できた理由
   州の独自性が優先される環境政策/与野党の関係/実績との関係/自信を持った発言ができる根拠/目標が不可能となった場合の対策
  2 エネルギー対策−再生可能エネルギー利用の普及・促進
  3 住宅対策
   省エネルギー住宅を実現するための4つの要素/建物エネルギー証明書
  4 ハイリゲンダム・サミット後のドイツの雰囲気
   ハイリゲンダム・サミットへの批判/シュミット首相の発言への記者の意見/白熱電球から電球型蛍光ランプへの転換に伴って起こった問題/アフリカ問題
  5 ドイツと日本の異なる事情
   ドイツの果たす役割/行政と国民の関係/EUの中で刊行が果たす役割/困難なEU内での合意
  6 日本で実効可能性を高めるための方策
   地域主権の環境政策の重視/ゆるやかな変化への誘導/技術を核としたライフスタイル転換へのインセンティブ/アジアの先進国として日本が果たすべき役割
 1-2 ドイツの州制度
  1 州制度の概要
   州制度の歴史的背景/州制度の特徴/政党の活動/州の権限
  2 州制度の抱える問題点
   州格差による問題/EU加盟で発生した地域レベルの競争

第2章 グローバルスタンダードとローカルスタンダード
 2-1 グローバルスタンダードとしての「サステナビリティ」
  1 ヨーロッパ発のサステナビリティ
  2 受け手の人間社会による影響の違い
  3 ローカルな環境保全活動の積み重ねとしての地域環境
  4 超国家機構として「地域」の概念が複雑なヨーロッパ
 2-2 日本人から見たローカルスタンダード
  1 西欧をモデルとした「単位としての国、地域」
   風土に適合した習慣として定着した花見/花見のはじまり/気象と人間都のかかわり/社会的意義
  2 地球の風土に適した対策の積み上げによる地球環境保全
   里山保全運動/地域の風土に適した環境保全運動
  3 まとめ
 2-3 母語と風土
  1 母語と環境
   サクラとCherry blossomsの違い/世界共通の記号的役割を果たす英語/母語による宇宙の見え方
  2 日本人と自然との関係
   日本人と植物との縁/災厄としての自然/日本人と自然/地域の自然特性を生かすための母語の役割
 2-4 地方自治のグローバルスタンダード化の問題点
  1 地方自治体の環境行政の変化
   産業公害時代−革新者だった地方自治体−/1980年代〜1990年代−停滞期−/1990年代以降−EMS的手法を軸とした環境政策−
  2 「地域」の認識の変化
   「共同体」から「コミュニティ」への転換/感情共有体的なものへのタブー視
  3 単位となりつつある地域
   EMS的手法を軸としていることの問題点/西欧の標準化の背景との違い
 2-5 ドイツ人から見たローカルスタンダード
  1 物理学の社会学への適用
   考え方/ラグランジュの原則を適用した社会の状態/社会の各組織での3つの状態
  2 相転移による社会状態の説明
   階層制度から民主主義への第1種の相転移/異質な粒子の相互関係
  3 相転移の社会への応用
   金とプラチナ合金の相転移/ドイツ10州での異宗教間の結婚割合/平和と戦争/社会と経済/経済/需要と供給/農業との関係経済システムの4つのモデルの配列
  4 まとめ

第3章 アジアの中の先進国「日本」 ―西欧発でない持続可能性の軸を示す必要性―
 3-1 ドイツの自然観―ドイツ人として―
  1 自然観の背景
  2 科学的世界観
  3 複雑な自然への考え方
 3-2 日本が示す持続可能性の軸の必要性―日本人として―
  1 西欧基準化への流れ−基本となってきた「翻訳もの」
  2 「まっとうなもの」として受け入れられていない持続可能性
  3 アジアの側から差し出すもう一つの普遍的価値尺度
 3-3 左脳で考えるドイツ人、右脳で考える日本人
  1 言語と自然認識
  2 日本の特殊性と国際化の中での位置づけ
   日本の特殊性/海外からの受け入れへの冷静なはんだんの重要性/環境改善の目標/まとめ
 3-4 日本人の没個性力による自然との共存
  1 言語にみる自然主義と没個性
   自然主義/没個性
  2 日欧の精神構造の違い
   神性の概念と自然の概念/日本人の自然を背景とした人種的特徴
  3 日本人の没個性的科学技術の導入
   西欧からの科学技術の導入/自然界への向かい方
  4 まとめ
   「個性」のとらえ方/「日本型」の選択
 3-5 日本型の自然との調和
  1 システム境界内外の考え方
   西欧の原理とアジア的原理の違い/日本が依存してきた主要な資源は植物
  2 工業製品の生産技術と日本の文化
  3 異文化からの学び方
  4 まとめ
 3-6 翻訳と環境対策直輸入の問題
  1 ドイツ人の立場から
   断片的な情報の問題点/ドイツではどうですか
  2 日本人の立場から
   日本の教養主義と輸入文化の功罪/原文至上主義と読者のメリット
  3 前向きな情報提供のために

第4章 質量の移動から見た経済学
 4-1 質量移動と環境負荷
  1 リカルドの「比較生産費説」の問題点
  2 経済学によって環境負荷削減対策を考えるうえでの問題点
  3 質量の流れから環境負荷を考える必要性
 4-2 質量の流れを基本とした考え方
  1 人間活動と物質の関与
  2 質量移動と貨幣の関係
  3 ものの価値と媒体
 4-3 質量の流れを基本とした環境負荷の考え方
  1 経済システムの基本
  2 経済循環の基本
   先導国A/従順国B
  3 質量を伴わない経済システムによる影響
  4 環境負荷との関係
 4-4 質量の流れを基本とした「豊かさ」の実現
 4-5 まとめ

第5章 これからの方向
 5-1 10年前の報告書との比較―ドイツ
  1 10年前の報告書の目標
   報告書の概要/科学・経済が隠していた問題
  2 10年前の報告書の目標はどうなったのか
   当時の状況とエネルギー使用に関する目標
  3 目標が実現されにくい理由と今後へのヒント
   目標が実現されにくい理由/これからの方向性へのヒント
  4 10年を経た再出発−枠組みづくり
   新たな「送エネルギー計画」/原子力発電に関する政策/エネルギー効率と天然資源効率
  5 10年を経た再出発−再生可能エネルギーへの挑戦
   エネルギー研究/再生可能資源/再生可能エネルギー
  6 まとめ
   「動的な法律」が経済界に与えた刺激/3リットル住宅のような国民全体で取り組める海瀬策の具体策/再生可能なエネルギー利用を含めた分散型発電の実現/省エネルギー型ビジネスモデルへの発展
 5-2 10年前の報告書との比較−日本
  1 10年前の特徴
   平成9年版環境白書/科学的知見や技術の重視/経済分野からの報告書
  2 10年間の変化
   経済界の一般的な変化/環境対策の変化
  3 10年を経た再出発
   環境白書など/経済分野からの報告書
  4 まとめ
 5-3 今後の方向
  1 法的対応と技術開発
  2 環境配慮型のライフスタイルや価値観への転換
  3 ローカルスタンダードに基づいた対策を実施できる柔軟な選択肢の準備
エピローグ ― ローカル性を重視したもう一つの軸

第3冊目を終えるにあたって
Copyright