gihodo shuppan
HOME 新刊案内 ジャンル別書籍 購入案内 会社案内 お問い合せ
書籍詳細
 
リサイクル・適正処分のための廃棄物工学の基礎知識
田中信壽編著/松藤敏彦・角田芳忠・東條安匡著
A5・228頁 / 3024円
発行年月日 : 2003年7月
ISBN : 978-4-7655-3189-4
 

内容紹介
廃棄物のリサイクル・適正処分にかかわる工学とその周辺知識を提供する入門書.廃棄物の発生から最終処分まで,いかなる理念によって,どんな法令の下に,どのような仕組み,技術で行われているのかが,一貫して解説されている.21世紀初頭のリサイクル・適正処分の状況を記録しておく,ということも意図されており,廃棄物問題に関心のある一般の読者にも読んでいただきたい.
 
目次
1章 循環型社会形成の背景と理念
1.1 廃棄物処理の行き詰まりと循環型社会
1.2 地球の持続性を脅かす制約
世界と日本の人口/エネルギー資源からの制約/食糧供給,金属資源からの制約/地球温暖化からの制約/環境リスク低減要求からの制約
1.3 循環型社会への歩み
新しいライフスタイル/物質循環/環境に配慮した産業の形成
1.4 循環型社会を進めるための基本理念や手法
基本理念/環境行政における政策手法

2章 循環・適正処分のための法律
2.1 循環型社会における循環的利用と適正処分
2.2 廃棄物処理法
制定と改正の経緯/廃棄物処理制度/ダイオキシン類対策特別措置法
2.3 資源有効利用促進法
基本方針/関係者の責務/特定業種・指定製品/事業者への指導・助言,勧告,公表,命令/廃棄物処理リサイクルガイドライン
2.4 個別リサイクル法
容器包装リサイクル法/家電リサイクル法/建設リサイクル法/食品リサイクル法/自動車リサイクル法/グリーン購入法/家畜排せつ物管理法

3章 循環・適正処分の現状
3.1 廃棄物適正処分の現状
一般廃棄物/産業廃棄物
3.2 資源物リサイクルの現状
自治体による分別収集/資源物選別施設/古紙リサイクル/ガラスびんリサイクル/缶リサイクル/PETボトルリサイクル/容器包装の識別表示と自治体の分別指導/リサイクルコスト
3.3 世界の都市ごみ処理の現状
世界のごみ発生量と処理方法/アメリカの状況/EUの廃棄物政策

4章 廃棄物の分析・測定
4.1 試料採取・調整法
4.2 物理化学特性
物理組成/単位容積質量/三成分(水分,可燃分,灰分)/発熱量/小粒径物の物理組成
4.3 化学特性
元素(C,H,O,N,燃焼性硫黄,揮発性塩素)組成/金属含有量
4.4 溶出試験とライシメータ実験
産業廃棄物埋立処分のための有害性判定溶出試験/汚染土壌判定のための溶出試験/ライシメータ実験

5章 ごみ処理計画と評価方法および分別・収集
5.1 市町村のごみ処理計画
広域化計画/一般廃棄物処理計画
5.2 ごみ処理コスト
国全体の平均コスト/処理区分別コスト/廃棄物処理の費用対効果
5.3 ごみ処理システム(計画)の評価方法
リスクアセスメント/環境影響評価/戦略的環境アセスメント/ライフサイクルアセスメント
5.4 収集・運搬
機材の特性/廃棄物保管容器/家庭系ごみ収集システム/収集輸送システムの改善方策

6章 燃焼による資源化と処理
6.1 燃焼工学の基礎
燃焼の形態/廃棄物燃料の特性/燃焼計算
6.2 燃焼形態と装置
ストーカ式燃焼炉/流動層式燃焼炉/回転式燃焼炉/ガス化溶融炉/ガス化改質炉
6.3 公害対策・ダイオキシン対策
排ガス/排水/ばいじんの無害化処理/ダイオキシン類
6.4 資源化・サーマルリサイクル
サーマルリサイクル/焼却残渣の資源化
6.5 都市ごみ燃焼処理施設の計画
規模/燃焼装置の設計/維持管理

7章 有機物系廃棄物(循環資源)のリサイクル
7.1 プラスチックのリサイクル技術
方法の分類/プラスチック油化/高炉還元剤利用/コークス炉化学原料化/ガス化による化学工業原料化/PETボトルのモノマーリサイクル
7.2 生ごみの資源化技術
高速堆肥化/メタン発酵,バイオガス化/飼料化
7.3 可燃物の資源化技術
RDF化/炭化

8章 粗大ごみの循環・適正処分と破砕選別技術
8.1 廃家電製品のリサイクル
8.2 建設廃棄物の循環・適正処分
8.3 粗大・不燃ごみの循環・処理

9章 埋立処分
9.1 埋立処分の基礎知識
9.2 埋立処分場のライフサイクル管理
9.3 一般廃棄物埋立処分場の機能と構造
9.4 一般廃棄物埋立処分場を構成する施設・設備
9.5 埋立処分場維持管理

10章 有害廃棄物の管理と適正処分
10.1 有害化学物質の特性と管理
特性と情報源/規制と管理/放出量把握
10.2 有害廃棄物
関連事件/有害特性/管理
10.3 代表的有害廃棄物の管理
PCB/アスベスト/感染性廃棄物/有害重金属を含む特定有害廃棄物
10.4 有害物質を含む廃製品
ごみ処理における有害物/乾電池と蛍光灯/その他

廃棄物年表/演習問題
Copyright