gihodo shuppan
HOME 新刊案内 ジャンル別書籍 購入案内 会社案内 お問い合せ
書籍詳細
 
設計者のための見落としてはならない非構造部材
日本建築構造技術者協会編
B5・248頁 / 4860円
発行年月日 : 2015年6月
ISBN : 978-4-7655-2582-4
  正誤表
1

内容紹介
「見落としてはならない非構造部材・設備と躯体との取合い」(2006年発行)を、東日本大震災の教訓や法令、基規準の改定を踏まえて改定した書。本書は、非構造部材の躯体への取り付け方法を中心に、施工上の注意点を工事管理チェックリストの形式でまとめて解説し、耐震性能を含め安全性能を確保するためには非常に有益なものとなっている。
 
目次
第1章 軽量鉄骨下地工事
 1.1 天井
 1.2 間仕切壁

第2章 PCa 版工事
 2.1 PCa 版
 2.2 パラペット
 2.3 目隠し部材
 2.4 最下段部材
 2.5 出隅・入隅コーナーパネル

第3章 ALC 版・押出成形セメント板工事
 3.1 ALC 版
 3.2 押出成形セメント板

第4章 建具工事
 4.1 扉・ガラス窓およびガラス壁
 4.2 シャッター

第5章 金属工事
 5.1 エキスパンションジョイント
 5.2 金属パネル
 5.3 金属手摺
 5.4 タラップ
 5.5 丸環

第6章 仕上ユニット工事
 6.1 仕上ユニット
 6.2 家具
 6.3 看板
 6.4 吊物(バトン・緞帳)

第7章 機械設備工事
 7.1 機械設備
 7.2 その他の機械設備

第8章 昇降機設備工事
 8.1 エレベーター
 8.2 エスカレーター

第9章 非構造部材と躯体取合いの共通事項
 9.1 あと施工アンカーによる躯体への支持と?
 9.2 埋込みインサート工事
 9.3 非構造部材の溶接

付表  非構造部材の安全性確保に向けて設計者および施工者が決定すべき事項と果たすべき役割の原則(JSCA 提言)
Copyright