gihodo shuppan
HOME 新刊案内 ジャンル別書籍 購入案内 会社案内 お問い合せ
書籍詳細
 
ランドスケープ計画・設計論
丸田頼一・島田正文編著
B5・336頁 / 4320円
発行年月日 : 2012年8月
ISBN : 978-4-7655-2128-4
 

内容紹介
ランドスケープアーキテクチャーは,土地が有する固有の自然の潜在性や資源の存在を基盤としつつ,歴史,文化などの諸要素も関連させ,適切な科学技術的対応と美に関する心理的意識にも配慮し,総合的な環境づくりやレクリエーション空間の永続的確保を図ってきた分野である。本書は,このようなランドスケープアーキテクチャーについて,設計図,写真や図表を多用し,使いやすくかつ分かりやすいようにまとめたもの。学生,技術者だけでなく,一般の方にも読みやすく作りました。
 
目次
第1章 ランドスケープ計画・設計序説

第2章 ランドスケープ計画・設計の基礎

第3章 ランドスケープ計画・設計の種類とプロセス

第4章 事業の手続きと手順

第5章 立地条件に関する調査

第6章 公園緑地の基本構想・基本計画の立案

第7章 公園緑地の基本設計の立案

第8章 公園緑地の実施設計の立案

第9章 造園植栽の計画からデザインまで−必然からなる計画・設計−

第10章 素材と設計

第11章 公園緑地における自然環境の計画・設計

第12章 住宅地整備におけるランドスケープの計画・設計

第13章 防犯・安全とランドスケープの計画・設計

第14章 ユニバーサルデザイン

第15章 防災とランドスケープの計画・設計

第16章 ランドスケープの管理

第17章 市民参画によるランドスケープの計画・設計

第18章 歴史・文化的環境の保全とランドスケープの計画・設計

第19章 都市・自然再生とランドスケープの計画

第20章 農山漁村の活性化とランドスケープの計画

事例1〜17

文献
索引
Copyright