gihodo shuppan
HOME 新刊案内 ジャンル別書籍 購入案内 会社案内 お問い合せ
書籍詳細
 
コンクリートを巡る旅
〜 コンクリートから人への贈り物 〜
藤原忠司著
B6・334頁 / 2592円
発行年月日 : 2010年2月
ISBN : 978-4-7655-1766-9
 

内容紹介
『コンクリートから人へ』というフレーズは,工学に携わる技術者から,研究者・実務者・学生にまで,大きな衝撃を与えました。コンクリートは,果たして無駄の象徴でしょうか。ローマは,社会基盤の維持をないがしろにして滅亡したといわれています。これまで,社会的に重要な役割を果たしてきたコンクリートって,一体何だったのだろう。それを具体的に探ろうとしたのが『コンクリートを巡る旅』です。本書をご一読いただき,意図を読み取って戴ければ幸いです。
 
目次
1 プロローグ
2 旅の出発
   法隆寺:奈良県斑鳩町
   旧奈良駅:奈良市
3 セメント産業の創出
   小野田徳利窯:小野田市
4 コンクリート構造物の誕生
   最初の鉄筋コンクリート橋:京都市
   長生橋:七尾市
   三井物産ビル:横浜市
   五本松ダム:神戸市
5 コンクリートにかけた情熱
   小樽北防波堤:小樽市
   鉄筋コンクリート船:広島県呉市安浦町、呉市音戸町
   吉田徳次郎の墓地:東京都
6 コンクリートの果たす社会的役割
   コンクリート電柱:函館市
   東本願寺函館別院:函館市
   都営白鬚東住宅:東京都
   青函トンネル:青森県今別町・北海道知内町
7 コンクリートの技術革新
   岩滑沢橋:岩手県西和賀町
   小田原ブルーウェイブリッジ:小田原市
   新開橋:新潟市
   木ノ川高架橋:和歌山県新宮市
8 コンクリートの造形
   新不老橋:和歌山市
   聖橋:東京都
   東京女子大チャペル:東京都
   国立西洋美術館:東京都
   東京文化会館:東京都
   稚内ドーム:稚内市
9 コンクリートの文化性
   群馬音楽センター:高崎市
   名古屋市演劇練習館:名古屋市
10 エピローグ
   島地川ダム:山口県周南市
Copyright