gihodo shuppan
HOME 新刊案内 ジャンル別書籍 購入案内 会社案内 お問い合せ
書籍詳細
 
基礎から学ぶ鉄筋コンクリート工学
藤原忠司・張英華著
A5・216頁 / 3024円
発行年月日 : 2003年10月
ISBN : 4-7655-1657-1
 

内容紹介
鉄筋コンクリート工学の独習向き入門書.応用力を身につけるには,まず基本をしっかりと理解することが必要である.本書は,鉄筋コンクリート工学における基本,基礎的な事項について,独習でも理解できるよう,くどいぐらいに文章を連ねて,ていねいに解説する書である.もちろん,数式の展開についても,極力省略を避けている.
 
目次
1 橋桁の設計
1.1 橋の形式・材料の決定
橋の形式/桁橋/橋の材料/橋の寸法
1.2 断面の仮定と断面計算
断面の重要性/仮定する断面の形状と寸法/断面計算
1.3 設計の手順
手順/構造細目

2 鉄筋コンクリート小史
2.1 鉄筋コンクリート漫歩
歴史概観/我が国初の鉄筋コンクリート橋/仁王像
2.2 鉄筋コンクリートの歴史
鉄筋コンクリートの原型/原理/確立
2.3 プレストレストコンクリートの歴史
プレストレストコンクリート漫歩/原理/確立/我が国のプレストレストコンクリート
2.4 本書のねらい

3 コンクリートおよび鉄筋の性質
3.1 コンクリートの強度
圧縮試験/応力/強度/設計基準強度/配合強度/特性値
3.2 コンクリートの応力−ひずみ関係
応力とひずみ/応力−ひずみ関係/弾性係数
3.3 鉄筋
種類/断面積/応力−ひずみ関係/強度

4 コンクリートと鉄筋の組合せ
4.1 鉄筋の働き
コンクリートと鉄筋との比較/好ましい壊れ方
4.2 鉄筋コンクリートの成立理由
付着/防錆/温度応力/コンクリートと鉄筋の相性

5 荷重の設定
5.1 考慮する荷重
設計荷重/桁で考慮する荷重
5.2 自動車荷重
自動車荷重の取扱い/床版と横桁/床版への自動車荷重/主桁への自動車荷重/衝撃荷重
5.3 群衆荷重
5.4 自重
5.5 荷重分配
5.6 本設計例で考慮する荷重

6 設計方法
6.1 構造解析
構造設計/軸力/ねじりモーメント/曲げモーメント/せん断力
6.2 曲げを受ける桁
設計法の種類/曲げを受ける弾性体の桁/曲げを受ける鉄筋コンクリートの桁
6.3 許容応力度設計法
手順/許容応力度の設定/許容応力度設計法の特質
6.4 限界状態設計法
限界状態/部分安全係数

7 終局限界状態における曲げの検討
7.1 設計断面力
断面破壊の検討手順/荷重の特性値/設計荷重/設計断面力
7.2 設計断面耐力
材料の設計強度/設計断面耐力
7.3 安全性の照査
照査/許容応力度設計法との相違
7.4 曲げ耐力
検討する応力状態/応力状態確定のための仮定/設計に用いる応力−ひずみ関係/確定した応力状態/応力状態の単純化/等価応力ブロック/曲げ耐力/釣合鉄筋比
7.5 本設計例における曲げ耐力の検討
設計条件/設計曲げモーメント/鉄筋配置/設計曲げ耐力および安全性の照査/断面の変更/鉄筋量の仮定/T形断面の特質

8 終局限界状態におけるせん断の検討
8.1 せん断に着目する理由
せん断応力/斜め引張応力/鉄筋コンクリートのせん断破壊
8.2 部材自体のせん断耐力
せん断に対する検討の仕方/斜めひび割れ発生時のせん断抵抗/せん断抵抗の機構
8.3 せん断補強鉄筋によるせん断耐力
せん断補強鉄筋/トラスモデル/せん断補強鉄筋によるせん断耐力
8.4 せん断に関連して留意すべき事項
ウェブ圧壊に対するせん断耐力/モーメントシフト
8.5 本設計例におけるせん断耐力の検討
設計条件/設計せん断力/設計せん断耐力/ウェブ圧壊に対する安全性の検討/折曲鉄筋の折曲げ位置での安全性の検討

9 使用限界状態におけるひび割れの検討
9.1 鉄筋コンクリートのひび割れ
ひび割れの種類/設計で考慮するひび割れ
9.2 応力の算定
ひび割れの検討方法/応力算定上の仮定/換算断面/応力の算出
9.3 許容ひび割れ幅
対象とするひび割れ幅/許容ひび割れ幅
9.4 ひび割れ幅の算定
両引き試験/ひび割れの定常状態/ひび割れ幅の算定/設計用のひび割れ幅
9.5 本設計例におけるひび割れの検討
設計条件/鉄筋の応力/予測されるひび割れ幅と許容ひび割れ幅/ひび割れ幅の照査

10 疲労限界状態の検討
10.1 疲労強度
疲労破壊/コンクリートの疲労強度/鉄筋の疲労強度
10.2 曲げ疲労の検討
引張鉄筋の疲労破断に対する検討/コンクリートの圧縮疲労破壊に対する検討
10.3 せん断疲労の検討
せん断補強鉄筋のない部材のせん断疲労耐力/せん断補強鉄筋のせん断疲労に対する検討
10.4 本設計例における疲労の検討
設計条件/曲げ疲労に対する検討/せん断疲労に対する検討/仮定した断面の妥当性
Copyright