gihodo shuppan
HOME 新刊案内 ジャンル別書籍 購入案内 会社案内 お問い合せ
書籍詳細
 
応用力学の基礎(第2版)
山本宏・押谷政信・西田秀行著
B5・150頁 / 3456円
発行年月日 : 1999年11月
ISBN : 4-7655-1394-7
 

内容紹介
定評ある入門テキストの第2版.数多くのイラスト,図表を駆使し,要点や注意すべき点などは,赤色で明示(二色刷り)されており,初学者にもきわめて理解しやすい.今回の改訂では,単位表記をSI単位に改めるとともに,全面的な見直しを行っている.
 
目次
第1章 力の釣合い
1.力の表し方
2.力の合成
3.力の分解
4.力のモーメント
5.力の釣合い
第2章 静定梁
1.支間と径間
2.荷重
3.支点と反力
4.梁の種類
5.梁の応力(断面力)
6.単純梁
7.片持梁
8.張出し梁
9.ゲルバー梁
10.間接荷重梁

第3章 梁の影響線
1.単純梁の影響線
2.片持梁の影響線
3.張出し梁の影響線
4.ゲルバー梁の影響線
5.間接荷重梁の影響線

第4章 最大せん断力と最大曲げモーメント
1.最大せん断力
2.最大曲げモーメント
3.絶対最大せん断力
4.絶対最大曲げモーメント

第5章 部材断面の性質
1.断面一次モーメント
2.図心
3.断面二次モーメント
4.断面係数
5.断面二次半径と核点

第6章 材料の性質と強さ
1.軸方向応力とひずみ
2.せん断応力とひずみ
3.組合せ部材応力

第7章 梁の応力
1.曲げ応力
2.せん断応力度
3.梁の設計

第8章 柱
1.短柱
2.長柱

第9章 トラス
1.トラスの概要
2.トラスの部材応力

第10章 梁の変形
1.たわみとたわみ角
2.モールの定理

第11章 簡単な不静定梁
1.一端固定,他端可動支点の梁
2.固定梁
3.連続梁

資料(参考:SI単位系について/付表)
Copyright