gihodo shuppan
HOME 新刊案内 ジャンル別書籍 購入案内 会社案内 お問い合せ
書籍詳細
 
色と光のはなし
〜 科学の眼で見る日常の疑問 〜
稲場秀明著
A5・192頁 / 2160円
発行年月日 : 2017年9月
ISBN : 978-4-7655-4483-2
 

内容紹介
「コップの水は透明なのに湖の色はなぜ青く見えるか?」「シャボン玉はなぜ虹色に見えるか?」「花火の色はどのように作るか?」「赤いリンゴはなぜ赤く見えるか?」「秋になるとなぜ紅葉するか?」などと問われたら,私たちは何と答えるでしょうか?これらは,いずれも色と光が関与する問題です.本書は,このような日常のちょっとした疑問や普段何気なく見過ごしている問題を,高校生程度(一部,大学教養程度)の知識でわかるように,なおかつなるべく原理にまで遡って解説することを試みました.(著者「まえがき」より)
 
目次
第1章 光
第2章 色の見え方
第3章 水と色
第4章 宝石の色
第5章 色素と染料
第6章 顔料
第7章 発光
第8章 光を利用した技術
第9章 食品と色
第10章 暮らしと色
第11章 動物と色と光
第12章 植物と色

⇒ より詳しい目次や簡単な中身などは、「ちょっと見る」をご覧ください。
Copyright