gihodo shuppan
HOME 新刊案内 ジャンル別書籍 購入案内 会社案内 お問い合せ
書籍詳細
 
蛇と女と鐘
福井栄一著
B6・304頁 / 2376円
発行年月日 : 2012年12月
ISBN : 978-4-7655-4245-6
 

内容紹介
蛇という生きものは,お金を好むようです。それが証拠に,大蛇が,荒れ屋敷の隠し財産や洞窟の秘宝を守護しているという伝説は,世界中,いたるところに残っています。また,古今東西を問わず,「お金なんか大嫌い」という女性は,めったに居りません。ところで,日本の文化史や芸能史をみていて面白いのは,「金」を「鐘」と言い換えてみても,そのあたりの事情があまり変わらないという点です。「蛇・女・鐘」という,ちょっと唐突に思える三つのお題をもとに,どんな噺が飛び出しますやら,さぁて,お立ち会い!
 
目次
1 鐘という宇宙
(1)日本文化は鐘づくし
(2)天下の三名鐘の伝説
(3)かねがね気になっていた鐘のはなし

2 鐘と蛇と水のトライアングル
(1)沈鐘伝説とは
(2)龍蛇と鐘

3 鐘に恨みはかずかずござる
(1)追う女、逃げる男
(2)道成寺の鐘の因縁

4 芸能にみる道成寺伝説
(1)文楽「日高川入相花王」の激流
(2)能「道成寺」の跳躍
(3)歌舞伎「京鹿子娘道成寺」の変幻

5 無間の鐘の呪縛
Copyright