gihodo shuppan
HOME 新刊案内 ジャンル別書籍 購入案内 会社案内 お問い合せ
書籍詳細
 
環境にやさしいのはだれ?
〜 日本とドイツの比較 〜
K.H.フォイヤヘアト・中野加都子共著
A5・242頁 / 3024円
発行年月日 : 2005年12月
ISBN : 4-7655-3410-3
 

内容紹介
【美本ございません】 環境先進国といわれるドイツと,日本の環境対応の現状を比較。理科系・文化系あるいは政策系・生活系など狭い縦割りの紹介ではなく,それぞれの国の地象・気象の違いまた歴史的な生活スタイルの違いが,環境活動への考え方の違いにどう現れるかを幅広く分析。森林・公園,生活用品,水,大気,エネルギー,温暖化問題,NPO活動など多方面にわたり,自らが環境問題に関わっていることの自覚と,循環型社会の実現に対する考え方の方向性を説いた啓蒙書。
 
目次
はじめに


第1章 自然とのつき合い

 1 日本人のつぶやき−その1−
  三者三様の環境への考え方
  日本の自然観
  環境先進国ドイツに学ぶ
  外なる故郷

 2 日本の自然への考え方−震災十年の神戸から−
  海と山の間の地形
  自然が優位に立った神戸の特徴
  根本的事実への視点の欠落
  失われた感覚

 3 ドイツの自然への考え方
  ドイツの自然への考え方
  電気の発見と発電技術による自然への影響
  自然条件と技術開発
  まとめ

 4 『風土−人間学的考察』から見た日本とドイツ
  風土による日本とドイツの違い
  気象の違いが「人間の考え方」にもたらす影響
  日本ができる貢献

 5 森林とのつき合い―枠内で生きる知恵―
  日本人の森林とのつき合い
  ドイツ人の森林とのつき合い
  両国の森林との関係
  枠内で生きる知恵
  工業製品の環境負荷を少なくする方法
  横軸と縦軸の環境対策

 6 環境意識の違い
  環境意識の違いを決定づける地理的条件
  意識を行動に移すドイツ
  産業公害以降の日本とドイツの方向の違い
  まとめ


第2章 暮らし

 1 日々の過ごし方と価値観
  1日の使い方
  価値観

 2 家計費−もったいないの概念−
  「もったいない」が死語同然になってしまった日本
  「付和雷同型」と「頑固一徹型」
  日本の便利さとサービス精神
  5Rは「もったいない」を実現する
  無駄をすることが「もったいない」日本

 3 ものの使い方−DYIを楽しむ−
  DIYスーパー
  自動車修理
  日本との比較

 4 休暇−豊かさの違いと環境−
  年次有給休暇の状況
  労働時間に対する考え方の背景
  休暇と環境

 5 自動車利用−利便性と環境負荷−
  日本の現状と対策
  ドイツの現状と対策
  まとめ

 6 効率−循環型社会へのシフト−
  効率による豊かさと環境負荷の関係
  エコロジカル・フットプリントによる環境指標
  豊かさへの考え方

 7 水の使い方−貴重な水資源の認識を−
  水使用量と使い方
  豊かさと水使用
  水の使い過ぎに対する関心を

 8 食生活−食料輸送がもたらす環境負荷−
  フード・マイレージを用いた食料輸送による環境負荷
  日本の特徴
  ドイツの特徴
  輸入食料の輸送がもたらす環境負荷
  フード・マイレージ以外の指標による食料輸入問題
  食料廃棄問題を含めた日本人の食生活の実態
  遠隔地からの原材料による加工食品の環境負荷問題―ドイツ―
  州の事情によって異なる食料自給率
  ドイツ人の食生活の変化
  まとめ

 9 公園−公園整備をめぐる背景−
  日本の公園の現状
  日本における「公園」の始まりと歴史
  ドイツの公園
  公園の質
  まとめ


第3章 環境への取り組み
 1 循環型社会への変遷
  入り口対策のドイツ、出口対策の日本
  適正処理中心だった日本の法律
  循環型社会への転換期を迎えた日本
  森の変化に気づいたドイツ人
  包装廃棄物の発生回避に関する政令
  LCA、ISOへの取り組みの日本との違い

 2 ペットボトルリユース
  ペットボトルの爆発的な増加
  ビールびんリユース手法
  ドイツのペットボトルリサイクルの方法
  ペットボトルのリユース状況
  「ドイツのリユース」は日本に合うのか?
  BASFのエコ効率分析
  ドイツの考え方

 3 レジ袋−10回は使い回すドイツ−
  容器包装用プラスチックの消費
  日本のレジ袋問題
  生活の中でのレジ袋の利用
  ドイツ人から見たレジ袋
  別の尺度を使った議論
  レジ袋問題の今後

 4 再生可能エネルギーの利用
  日本のエネルギー事情
  ドイツのエネルギー事情
  まとめ

 5 環境税−主体は国民−
  日本における温暖化対策税制案
  日本でのこれまでの意見の例
  ドイツの環境税導入までの背景
  環境税導入への4つの前提
  環境税の実施方法と国民の声

 6 NGO/NPO−新しい公共−
  日本のNPO
  新しい公共としての期待
  地方公共団体との連携
  環境活動団体としてのNPO
  ドイツのNGO
  新しい「公共」への課題


第4章 豊かさと環境
 1 化学物質管理−利便性か安全性か−
  化学物質の管理への最近の動き、
  EUの新しい化学物質規制REACH
  豊かさと安全・安心
  今後のゆくえ

 2 バーチャルな豊かさ
  グローバルな環境対策
  すべてを「システム」として割り切った無機質な発想
  ドイツの消費者情報提供法案
  「バーチャルな豊かさ」に陥らないために

 3 日本人のつぶやき―その2―
  現在に至るまでの日とドイツの違い
  「環境先進国ドイツに学ぶ」
  座標軸を失った国と失わなかった国
Copyright