gihodo shuppan
HOME 新刊案内 ジャンル別書籍 購入案内 会社案内 お問い合せ
書籍詳細
 
事例に学ぶ流体関連振動(第3版)
日本機械学会編
A5・440頁 / 5184円
発行年月日 : 2018年11月
ISBN : 978-4-7655-3267-9
 

内容紹介
【11/15発売】 原子力発電所細管の破断や亀裂などが大きな問題となったように,流体と構造物が連成して発生させる振動によるトラブルは,後を絶たない。本書は,その流体関連振動に関する知見,とくに設計者として知っておくべき基礎的な事項について,過去の事例を踏まえて,整理・集約した。設計者や現場担当者のみならず,規格技術者,大学院生にとっても有用な書となっている。第3版では,時代の要請に応える形で,「数値流体力学の適用方法」と「技術ロードマップ」を追加し,全10章の構成とした。
 
目次
1 概 論
 1.1 はじめに
 1.2 モデル化の方法
 1.3 流体関連振動の基本的メカニズム

2 直交流れによる流体励起振動
 2.1 円形断面・単一体
 2.2 円形断面2体
 2.3 円形断面・多数体
 2.4 矩形断面 他
 2.5 管群による気柱共鳴
 2.6 対策のヒント

3 外部平行流による振動
 3.1 直管・管群
 3.2 弾性平板・シェルの振動
 3.3 すきま流れによる振動

4 管内流による振動
 4.1 直管・曲がり管
 4.2 ベローズ関連の振動
 4.3 コラプシブルチューブ

5 管内の圧力波による振動
 5.1 圧縮機に起因する配管内圧力脈動
 5.2 ポンプ・水車に起因する配管内圧力脈動
 5.3 水 撃
 5.4 はく離による自励音等
 5.5 弁の関係する振動

6 熱に起因する振動
 6.1 熱・燃焼による振動騒音
 6.2 凝縮による流体振動
 6.3 沸騰に伴う流体振動

7 回転機械に関連する振動
 7.1 翼および翼列の振動
 7.2 部分的に液体を満たす回転体の振動
 7.3 シールの流れによる振動

8 流体−構造連成系の振動
 8.1 流体−構造連成系の振動概説
 8.2 付加質量・負荷減衰
 8.3 スロッシングとバルジング
 8.4 ゲートの振動

9 流体関連振動の数値解析
 9.1 数値流体解析の概要
 9.2 構造解析に用いられる数値解析の概要
 9.3 流体構造連成振動の解析

10 流体関連振動の技術ロードマップ
 10.1 はじめに
 10.2 社会的・技術的ニーズ
 10.3 キーテクノロジー
 10.4 将来の社会に対する展望
 10.5 技術分野ごとのロードマップ
Copyright