gihodo shuppan
HOME 新刊案内 ジャンル別書籍 購入案内 会社案内 お問い合せ
書籍詳細
 
室内環境における微生物対策
室内環境学会微生物分科会編
B5・170頁 / 3456円
発行年月日 : 2016年3月
ISBN : 978-4-7655-2591-6
 

内容紹介
カビやウイルスなどの人間生活と関わりの深い微生物について,微生物の生態,検出・測定法,発育環境,人間に与える影響,建築施設ごとの微生物汚染の実態と対策等の情報をまとめ,やさしく解説した書。学生や若い技術者に知っておいて欲しい基礎知識を届ける。
 
目次
第1章 微生物とは

1.1 微生物の概略
 1.1.1 生物進化と微生物
 1.1.2 人の生活と微生物
 1.1.3 微生物叢
1.2 真 菌
 1.2.1 真菌の名称と分類
 1.2.2 真菌の特徴と形態
 1.2.3 真菌の生活環と生態
 1.2.4 真菌の有用性
 1.2.5 室内環境における真菌の有害性
1.3 細 菌
 1.3.1 細菌の形態と性状
 1.3.2 ヒトの体と細菌
 1.3.3 細菌の系統分類と名前
1.4 ウイルス
 1.4.1 ウイルスの生態と種類
 1.4.2 インフルエンザ(インフルエンザウイルス)
 1.4.3 SARS(SARSウイルス)
 1.4.4 デング熱(黄熱ウイルス)
 1.4.5 エボラ出血熱(エボラウイルス)
 1.4.6 急性胃腸炎(ノロウイルス)

第2章 室内微生物による疾病

2.1 感染症
 2.1.1 感染症としての白癬
 2.1.2 微生物としての白癬菌
 2.1.3 室内環境における白癬の分布と感染のリスク
 2.1.4 感染対策
2.2 集団感染
2.2.1 細菌による集団感染
 2.2.2 真菌による集団感染
 2.2.3 ウイルスによる集団感染
2.3 アレルギー
 2.3.1 真菌アレルギーの頻度
 2.3.2 環境真菌と喘息
 2.3.3 室内真菌と喘息・鼻アレルギーの発症,メタ解析から
 2.3.4 アスペルギルスと喘息,アレルギー
 2.3.5 アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)とアレルギー性気管支肺真菌症(ABPM)

第3章 室内微生物の検出法・測定法

3.1 サンプリング法
 3.1.1 浮遊微生物
 3.1.2 堆積・付着微生物
3.2 分離・培養・同定法
 3.2.1 微生物の分離
 3.2.2 微生物の培養
 3.2.3 形態的特徴による分類
 3.2.4 遺伝子配列解析による分類と同定
3.3 迅速検出法
 3.3.1 迅速検出法とは
 3.3.2 蛍光染色法
 3.3.3 マイクロコロニー法
 3.3.4 ATP法
 3.3.5 測定方法
3.4 室内微生物叢の解析
 3.4.1 細菌叢解析とは
 3.4.2 変性剤濃度勾配ゲル電気泳動法(PCR-DGGE法)
 3.4.3 網羅的細菌叢解析法(クローンライブラリー法)

第4章 室内微生物が発育する環境

4.1 微生物の発生源
 4.1.1 住環境
 4.1.2 動物,植物,食品
4.2 室内の微生物発生に影響する因子
 4.2.1 養 分
 4.2.2 酸 素
 4.2.3 温 度
 4.2.4 水 分
 4.2.5 発育阻害物質
4.3 カビを発育させる室内環境の測定
 4.3.1 カビセンサ
 4.3.2 カビ指数
 4.3.3 カビ指数の値とカビ汚染
 4.3.4 カビ汚染リスクの3段階評価
 4.3.5 汚染指標(浮遊真菌,付着真菌)とカビ指数
 4.3.6 温度と相対湿度からカビ指数の推定

第5章 室内微生物の制御

5.1 微生物制御に関連する用語
 5.1.1 微生物制御で用いられる用語の定義
 5.1.2 微生物の有害作用に関連する用語の定義
5.2 室内微生物の制御手段
 5.2.1 薬剤によらない微生物制御
 5.2.2 薬剤による微生物制御
5.3 カビ指数から考えるカビ防止法
 5.3.1 水分制御によるカビ防止法
 5.3.2 環境持続時間の制御によるカビ防止法

第6章 微生物汚染の実態と対策

6.1 住 宅
 6.1.1 住宅にみる微生物
 6.1.2 住宅に多いカビ
 6.1.3 カビによる住宅汚染
 6.1.4 カビによる害
 6.1.5 住宅被害の対策
6.2 オフィス
 6.2.1 濃度の実態
 6.2.2 室内バイオエアロゾルの粒度分布
 6.2.3 対 策
6.3 化粧品・医薬品工場
 6.3.1 BCR室内浮遊微生物濃度の構成機構
 6.3.2 化粧品・医薬品工場における微生物汚染の問題
 6.3.3 化粧品・医薬品工場における微生物汚染の対策
6.4 美術館・博物館
 6.4.1 IPMとは
 6.4.2 文化財・美術品のカビによる被害事例
 6.4.3 博物館・美術館のカビ調査法
 6.4.4 IPMによる対策について
 6.4.5 今後の課題
6.5 病 院──院内感染防止の基本的考え方と防止対策
 6.5.1 院内感染(病院感染)と日和見感染
 6.5.2 病院環境中における感染対策ガイドライン
 6.5.3 感染経路別予防策
 6.5.4 歯科医療での標準予防策
6.6 社会福祉施設
 6.6.1 施設現状
 6.6.2 実 態
 6.6.3 対 策
Copyright