gihodo shuppan
HOME 新刊案内 ジャンル別書籍 購入案内 会社案内 お問い合せ
書籍詳細
 
よくわかるラーメンの解き方(第2版)
北後寿・加村隆志著
A5・162頁 / 3024円
発行年月日 : 1993年3月
ISBN : 4-7655-2405-1
 

内容紹介
【在庫僅少】  建築の架構として最も多用されているラーメンの解法を,例題と演習問題に重点を置き,簡潔かつわかりやすく解説.「構造力学は建築家の常識」であるという点を十分に配慮し,建築を志す学生や,力学を敬遠しがちな建築家を対象に,とにかく実架構を解いて理解を深めようというユニークなテキストである.今回,最新の技術知見をもとに全面的に見直し,新しい演習問題を多数追加した.【主要目次】たわみ角法/固定モーメント法/実用的略算法/演習
 
目次
よくわかるラーメンの解き方(第2版)

Part 1
1.1 材の応力をどう表わすか
1.材端モーメントの表わし方
2.特別な場合の固定端モーメント
1.2 基本公式を考える
1.一般の場合
2.他端固定の場合
3.他端ピンの場合
4.特別な場合
5.実用式の表わし方
1.3 材の剛比を評価する
1.他端固定の場合
2.他端ピンの場合
3.変形が対称の場合
4.変形が逆対称の場合
1.4 節点方程式をつくる
1.5 層方程式をつくる
1.6 ラーメンを解いて応力を求める
1.節点が移動しない場合の解法
2.節点が移動する場合の解法
1.7 機械的作表法
1.節点方程式を考える
2.層方程式を考える
3.方程式は機械的にたてられる

Part 2 固定モーメント法
2.1 材の応力をどう表すか
1.モーメントの分割・到達
2.固定モーメント
2.2 モーメントの行方を考える
2.3 材の剛比を評価する
1.端部の支持条件
2.応力・変形の状態
2.4 ラーメンを解いて応力を求める
1.図上計算法
2.節点が移動しない場合の解法
3.水平荷重を受けて節点が移動する場合の解法
4.鉛直荷重を受けて節点が移動する場合の解法

Part 3 実用略算法
1.構造計算をどのように進めるか
2.鉛直荷重時の応力を略算する
3.水平荷重時の応力を略算する

Part 4 “実戦”演習問題
演習問題
解答

Appendix
付表-1 ギリシャ文字と発音
付表-2 単梁のたわみ角と最大曲げモーメント
付表-3 たわみ角公式の荷重項

索引
Copyright