gihodo shuppan
HOME 新刊案内 ジャンル別書籍 購入案内 会社案内 お問い合せ
書籍詳細
 
セラミックスの科学(第2版)
柳田博明・永井正幸編著
A5・262頁 / 4536円
発行年月日 : 1993年2月
ISBN : 4-7655-0129-9
 

内容紹介
定評ある教科書の改訂版.構造用セラミックスおよび機能性セラミックス,それぞれの学問的体系を紹介,解説するとともに,結晶構造各論では,近年話題となった超伝導体など重要で興味ある物質群を解説している.また,最新の知見として,傾斜機能材料,ナノコンポジット材なども追加されている.【主要目次】はじめに/セラミックスの構造/セラミックスにおける相平衡/セラミックスにおける物質移動/セラミックスの合成/セラミックスの物性と応用/おわりに
 
目次
セラミックスの科学 第二版

1 はじめに

2 セラミックスの構造
2.1 セラミックス構造総論
2.1.1 イオン結合の生成
2.1.2 イオン結晶の組立て原理
2.1.3 共有結合と結晶
2.1.4 共有結合性結晶の原子配列
2.1.5 イオン性と共有結合性
2.2 結晶構造各論
2.2.1 結晶構造の分類と相互関係
2.2.2 結晶構造各論
2.3 ガラスの構造
2.3.1 ガラス状態とガラス転移
2.3.2 シリカガラスの構造
2.3.3 ガラス形成
2.3.4 分相ガラス
2.3.5 計算機によるガラスの作製
2.4 格子欠陥の構造と化学
2.4.1 格子欠陥の種類
2.4.2 内因性格子欠陥
2.4.3 外因性格子欠陥
2.5 多結晶体の構造
2.6 中空構造と層状構造
2.7 複合材料と複合体構造
2.7.1 複合材料
2.7.2 複合体構造
2.7.3 多孔体
2.7.4 多孔体構造
2.8 二次元構造
2.8.1 二次元領域に対する分類と特異性の起源
2.8.2 表面構造
2.8.3 粒界構造
2.8.4 接合接触界面の構造
2.8.5 薄膜
2.8.6 二次元構造のキャラクタリゼーション

3 セラミックスにおける相平衡
3.1 相の安定性と自由エネルギー
3.2 一成分系状態図
3.3 相律
3.4 二成分系における安定相
3.5 二成分系状態図
3.5.1 全率固溶
3.5.2 共晶
3.5.3 包晶
3.5.4 化合物がある場合
3.6 状態図からわかること
3.6.1 存在する相とその組成
3.6.2 存在する相の量
3.6.3 加熱,冷却時の変化
3.6.4 非平衡で生じる現象の推定
3.7 二成分系における不変系
3.8 三成分系状態図
3.9 セラミックスの状態図集

4 セラミックスにおける物質移動
4.1 拡散
4.2 均一な系からの固体の生成
4.2.1 気相と液相からの固体の生成
4.2.2 固相からの固体の生成
4.3 不均一な系からの固体の生成
4.4 焼結

5 セラミックスの合成
5.1.1 気相からの粉体作製
5.1.2 気相法からの薄膜の作製
5.2 液相からのセラミックスの合成
5.2.1 溶液法の原理
5.2.2 液相からの単結晶育成
5.2.3 ゾル・ゲル法
5.2.4 薄膜の作製
5.3 固相からのセラミックスの合成
5.3.1 固相からの粉体作製
5.3.2 固相からの薄膜の作製

6 セラミックスの物性と応用
6.1 誘電性
6.1.1 誘電現象
6.1.2 分極の種類
6.1.3 複素誘電率と誘電損
6.2 圧電性
6.2.1 圧電効果と圧電基本方程式
6.2.2 電気機械結合係数
6.2.3 圧電振動子の等価回路と諸定数
6.2.4 圧電セラミック材料
6.2.5 圧電セラミックスの応用
6.3 焦電性
6.3.1 焦電現象(焦電効果)
6.3.2 焦電係数と電圧感度
6.3.3 焦電材料に要求される特性
6.3.4 焦電応用
6.4 電気伝導性
6.4.1 オームの法則と電気伝導度
6.4.2 電気伝導性・半導電性・絶縁性
6.4.3 セラミックスの電気伝導度
6.4.4 電気伝導性の応用
6.5 超伝導性
6.5.1 超伝導の理論
6.5.2 超伝導体の分類
6.5.3 超伝導セラミックスの実例
6.6 イオン伝導性
6.6.1 固体電解質の特性と構造
6.6.2 固体電解質の応用
6.6.3 混合伝導体とその応用
6.7 磁性
6.7.1 磁性の起源
6.7.2 反磁性と常磁性
6.7.3 強磁性,反強磁性,フェリ磁性
6.7.4 スピネル型フェライト
6.8 光学的特性
6.8.1 屈折および反射
6.8.2 光透過
6.8.3 蛍光,リン光
6.8.4 電気光学効果
6.8.5 磁気光学効果
6.8.6 非線形光学効果
6.9 熱的特性
6.9.1 熱容量
6.9.2 熱伝導
6.9.3 熱膨張
6.9.4 熱応力
6.9.5 熱衝撃抵抗
6.10 機械的特性
6.10.1 破壊理論
6.10.2 評価法
6.10.3 強化法
6.10.4 セラミックスの加工

おわりに
索引
Copyright